ニキビケア化粧水の成分と効果|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビケア化粧水の成分と効果

ニキビを治し、予防したい人に人気があるニキビケア専用の化粧水には、どのような成分が配合されていて、どのような効果が期待できるかを知っていますか。 ニキビケア用の化粧水の多くは、肌の洗浄・殺菌と保湿を目的につくられています。

 

ニキビケアに欠かせない、皮脂の過剰分泌を抑えて毛穴を清潔に保つための成分として、サリチル酸やビタミンC誘導体が配合されていることがあります。 これらの成分は、古くなった角質を除去したり、角栓を開いたりして毛穴の詰まりを防ぐ効果もあります。

 

また、炎症を抑える成分や殺菌成分として、グリチルリチン酸ジカリウムやアロエエキス、ドクダミエキスなどを含むものが多いようです。

 

これらの成分は、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えたり、すでに出来てしまったニキビに働きかけたりして、炎症を鎮めてくれる効果があります。

 

ニキビケアには保湿が欠かせませんが、油分による保湿はニキビ肌には禁物です。 そのため、油分を控えた保湿成分としてアロエエキスやヒアルロン酸、セラミドなどが人気があります。

 

ニキビケアは、肌に刺激を与えないことも大切です。 化粧水もアルコールを含まない、天然の薬用成分を使った肌に優しいものを選ぶと良いでしょう。

 

ニキビケア専用の化粧水の、炎症を抑えたり、殺菌を行ったりする効果が強すぎると肌荒れを起こす場合がありますので、自身の肌のタイプに合わせて適切に選ぶ必要があります。