ニキビの治療法として液体窒素で治療する方法|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビの治療法として液体窒素で治療する方法

ニキビが繰り返し起こるという場合、皮膚科や美容外科に行くという人がいるようです。 その場合、ニキビの治療法として液体窒素で治療する方法があるようです。

 

ニキビが起こる原因として、スキンケア不足などにより毛穴が詰まり細菌が増える、ストレス・不規則な生活・ホルモンバランスの乱れなどが上げられます。

 

ニキビができる原因を取り除き正しいスキンケアを行うことが大切になってきます。 それでも繰り返し起こる場合には、病院へ行って治療を行った方が良いでしょう。

 

アクネ菌を抑える抗菌剤などの内服薬や外用薬、ケミカルピーリング・レーザー治療の他に液体窒素で治療する方法があります。

 

同じ場所にニキビが繰り返し起こる場合、マイナス190度前後の液体窒素を使い、凍結状態を作り治療する事があります。 ニキビができている部分に、ドライアイスのような液体窒素を数秒つけることでニキビの炎症を鎮静化させて行きます。

 

液体窒素を使う治療法は痛みを伴い、治療後は2〜3日程度で表面の薄皮がはがれ、盛り上がっていたニキビが平らになります。 これにより、液体窒素で治療した部分にはニキビが発生しにくくなるのです。

 

1回で改善する事もあれば、数回行わなければならない事もあるようです。 ニキビが繰り返しできてしまうという場合には、自己判断したり市販の物を使うのではなく医師に相談してみると良いでしょう。 ニキビの状態に合った治療法を行ない、悪化しないようにしてください。