ニキビがケロイド状になった場合の治療方法|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビがケロイド状になった場合の治療方法

ニキビや傷などの炎症がやけど跡のように赤や茶色に盛り上がりケロイド状になる事があります。 ニキビがケロイド状になった場合にはどのような治療方法があるのでしょうか。

 

ニキビがケロイドになる場合、同じ場所に何度もニキビができることが原因でおこる事があります。ニキビ跡が赤っぽく盛り上がり、光沢を帯びているとケロイドの症状であるという事が言えます。

 

ニキビで炎症がおこり皮膚がダメージを受けケロイド状になりやすい人は、免疫反応が過剰に働くアレルギーの肌質の人が多いようです。

 

ニキビのケロイド治療法としては、皮膚科で診察を受け治療していくことが大切です。 治療法として、ステロイドが含まれる外用薬を塗る方法があります。ステロイドには皮膚を委縮してくれるのでケロイドの改善につながっていきます。

 

ステロイドを直接ケロイドの部分に注射する局所注射療法があり、直接ケロイドに注射するので即効性があるのですが、月に1回は注射が必要・効きすぎると皮膚がへこんでしまう事もあるので注意が必要です。

 

内服薬の場合には、アレルギーを抑え、かゆみも抑えてくれます。多少時間はかかるようです。 その他、患部を圧迫し血流を抑え増殖を抑える圧迫療法。

 

ケロイドにレーザーを照射するレーザー療法は、効果・即効性は高いのですが悪化する可能性もあり保険適用外になります。

 

手術はケロイドの部分を取り除き縫合し、放射線治療やそのほかの治療も一緒に行なっていくことになります。 どの治療を受けるかは皮膚科で診察を受け、医師と相談したうえで行うことをオススメします。