ニキビはブチッと潰してはいけない|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビはブチッと潰してはいけない

大きなニキビができてしまうと目立ってしまい潰したくなります。ニキビは潰してはいけないと言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか。

 

ニキビを潰すと跡が残ったり、傷口からバイ菌が侵入し悪化する事があると言われています。ニキビには、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビと言う段階があります。

 

白ニキビは毛穴に皮脂が詰まった状態、黒ニキビは詰まった皮脂が酸化したもの、そこに菌が集まり炎症を起こす赤ニキビ、中に膿がたまったものが黄ニキビなのです。

 

黄ニキビの場合、中に膿がたまっているのでブチッとつぶしたくなりますが、潰してはいけません。バイ菌が入り悪化してしまったり、ニキビ跡が残ってしまう事があるからです。

 

潰してよいニキビは白ニキビです。ニキビの中に芯があり軽い力で取り出す事ができ、肌へのダメージも少なくなります。

 

ニキビの芯を自分で取り除きたいという場合には、蒸しタオルなどで毛穴を開かせることが大切になってきます。毛穴が開くことで毛穴に詰まった皮脂を取り除く事ができます。

 

その他、コメドプッシャーと言う器具や綿棒を使いニキビを潰す人もいるようです。 ニキビを潰す場合には、状態とタイミングを見極めることが大切です。

 

潰していいタイミングや受胎がずれてしまうとニキビ跡が残ってしまうので注意しましょう。 自分でやるのは心配だと言う人は皮膚科で診察を受けてみましょう。ニキビをきちんと治しきれいな肌を手に入れましょう。