大人ニキビとホルモンの関係|ニキビケア化粧品の口コミランキング

大人ニキビとホルモンの関係

「ニキビは青春のシンボル」などと言われたりしますが、実は大人になってもニキビを発症するケースは多々あります。 いわゆる「大人ニキビ」と呼ばれるものですが、これはホルモンバランスが大きな影響を与えています。

 

そもそもニキビは皮膚表面の皮脂の分泌が過剰になりすぎ、それが毛穴に入り込み、中で雑菌が繁殖して赤く炎症を起こしたものです。 そのため、皮脂の分泌が過剰になる思春期には、ニキビが出来やすくなります。

 

しかし、大人になると、ホルモンのバランスが崩れることで、皮脂の分泌量が増加することがあります。 特に男性ホルモンは皮脂の分泌量を増加させるという特徴があるのですが、女性も男性ホルモンの影響を受けるのです。

 

一般的に、女性ホルモンの代表格であるエストロゲンが減ると、代わりに男性ホルモンが増えてしまいます。 このときに皮脂の分泌が盛んになってしまうのです。

 

これは、例えば更年期障害や生理前によく起こりうる現象です。 生理の場合は、生理前にある黄体ホルモンが過剰に分泌される時期で、これもまた皮脂の分泌を高める特徴があります。

 

また、以上は女性に関してですが、男性もホルモンの影響で大人ニキビができることがあります。 その多くはストレスによるものですが、過剰なストレスによってストレスホルモンとアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが分泌されやすくなります。 これらもまた皮脂の分泌を促し、大人ニキビの原因ともなるのです。