ニキビの種類|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビの種類

ニキビとは、毛穴の皮脂が詰まって炎症をおこす肌疾患の1つですが、その症状の段階によって白・黒・赤・黄の4種類に分類することができます 種類によって対処方法が異なってきますので、自分のニキビがどの種類に当たるのかを知ることが大切です。

 

毛穴の中に角質や皮脂がたまっている状態が初期段階です。 この状態の時に毛穴が閉じているものを白ニキビ、逆に毛穴が開いて角栓の先が黒く見える状態を黒ニキビといいます。

 

そして、この毛穴の中に詰まった皮脂を栄養にして、常在菌であるアクネ菌が必要以上に増殖して炎症を起こすと、赤ニキビへと変化します。

 

これが更に炎症が悪化して、化膿すると黄ニキビになります。 これは、毛穴にクリーム色の膿が溜まって膨らんだ状態で、この段階まで悪化すると、炎症が治まった後も肌に凹凸や色素沈着が起こり痕が残ることが多いので、早い段階で治すように心がけることが大切です。

 

また、出来る年齢や原因によっても、思春期ニキビと大人ニキビの2種類に分けられます。 思春期ニキビとは、主に第二次性徴によってホルモンのバランスが変化して皮脂の分泌量が増加することによっておこるもので、成人するにつれて自然に治るため、気にしすぎないように過ごすことが大切です。

 

一方、思春期を過ぎて、ホルモンバランスが安定してきたのに起こるものを大人ニキビといい、食生活やストレス、スキンケアや肌の乾燥などによって、肌の調子が崩れることによって起こると言われています。