食事がニキビに与える影響|ニキビケア化粧品の口コミランキング

食事がニキビに与える影響

ニキビと食事には大きな関係があり、ニキビ予防や症状の改善に食事を見直すことはとても効果があります。 どのような食事がニキビに悪影響を与えるかを確認してみましょう。

 

外食や動物性たんぱく質など、高カロリーな食事を取りすぎると分泌される皮脂量が増えたり、皮脂の質が低下したりして雑菌を繁殖させやすくなります。 野菜などをバランスよく取り、脂肪分は肉ではなく魚介類から摂取するように心がけましょう。

 

お菓子やケーキなど糖分の多いものは控えましょう。 糖分は体内で消費することが出来ないと、脂肪にかわります。 スポーツ飲料や缶コーヒーなども、意外に多くの糖分を含んでいるので注意が必要です。

 

アルコールやたばこなどの嗜好品や刺激物は控えましょう。 アルコールには糖質が多く含まれていますし、たばこは肌の健康に役立つビタミンCを破壊することがわかっています。また、発汗作用があって肌にいいと思われがちな辛い刺激物もニキビにはよくありません。 刺激物で胃や消化器官など内臓が疲れてしまうと、ニキビが出来やすくなります。

 

毎日の食事を整えることはなかなか難しく、ビタミンやミネラルの摂取をサプリメントに頼ってしまっている人も多いと思いますが、食事を見直すことはニキビだけでなく、体の健康にとっても大切な事です。