ニキビの赤みにホワイトニング|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビの赤みにホワイトニング

ニキビの赤みは、ニキビが炎症を起こしてうっ血することによって起こります。 ニキビが治った後も、赤みだけが残る場合があり、この赤みを放置すると色素沈着を起こしてシミになることがあります。

 

肌はもともと、古い角質が剥がれおちて、新しい肌が再生する再生機能を持っています。 肌が新しく生まれ変わるのに必要な期間は28日程度と言われており、ニキビ痕の赤みは薄いものであれば、この再生機能によって数週間から数か月で自然に治癒していきます。

 

しかし、ニキビの炎症が激しく、深いところまで肌細胞を傷つけていたり、肌の再生機能が低下したりしていると、いつまでたっても赤みが消えません。

 

ニキビの赤みが消えないまま放置しておくと、そのままシミになってしまうことがありますので、なるべく早い段階でケアをして色素沈着を防ぎましょう。 ニキビの赤みは、ケアをし始める時期が早ければ早いほどきれいに早く治りやすいのです。

 

ニキビの赤みは基本的にシミの元だと考えると、ケアの方法もわかりやすいと思います。 ビタミンC誘導体やエラグ酸、プラセンタエキスなど美白効果のある成分を配合した化粧品の使用や、紫外線対策が効果的です。 また、それと同時にしっかりと保湿をして肌を健康な状態に導き、肌のもっている再生機能を正常に戻すことも大切です。