ニキビに良い食べ物・悪い食べ物|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビに良い食べ物・悪い食べ物

ニキビは、皮脂や古い角質が毛穴に詰まって起こる肌の炎症ですが、ニキビを引き起こす原因に食生活が大きく影響することがわかっています。 食事や睡眠などの生活習慣を整えることで、大人ニキビをしっかり予防しましょう。

 

皮脂の分泌を増やす食べ物は、ニキビを作りやすい環境をつくります。 炭水化物は消化されると糖分に分解されて皮脂の元になることがわかっています。

 

また、糖分を多く含む甘い食べ物や揚げ物、肉に含まれる動物性脂肪なども、皮脂の分泌を増やすニキビに悪い食べ物です。 それ以外にも、胃や内臓に負担をかける辛い刺激物や体の代謝を悪くするアルコールなどもニキビに悪い食べ物です。

 

逆に、ビタミンAやビタミンBを豊富に含む食べ物や、コラーゲンを含む食べ物はニキビ対策に効果があります。 ビタミンAを多く含む食べ物には、レバー・にんじん・かぼちゃなどがあり、免疫力をつけ皮膚の再生を助けてくれます。

 

ビタミンBを多く含む食べ物には、レバー・チーズ・マグロやカツオなどがあり、ニキビの原因となる皮脂の燃焼を促進し、皮脂の分泌を抑える効果があります。

 

ニキビ対策には、炭水化物や糖質、脂質、アルコールの過剰摂取を控え、ビタミンを含む野菜や魚介類を積極的に摂取するように心がけましょう。