ニキビ痕を残さないためには|ニキビケア化粧品の口コミランキング

ニキビ痕を残さないためには

ニキビの痕には、毛穴の開きなどの軽微なものから、しこりやクレーター、色素沈着、ケロイドなど様々な症状があります。

 

なぜ、ニキビの痕は出来るのでしょうか。 ニキビは肌の炎症ですので、ごく初期の段階で適切な処置をすれば、すぐに治まります。

 

しかし、雑菌だらけの手で触れたり、潰してしまったり、放置するとすぐに悪化していきます。 ひどく炎症を起こして化膿したり、再発を繰り返したりするうちに肌の細胞組織に傷がついてしまいます。 その傷が深くなると炎症が治まった後も痕になってしまいます。

 

ニキビ痕を残さないようにするためには、初期の段階でケアすることが大切です。 このケアが遅れてしまうと、肌の奥深くまで炎症を起こしてしまい、ニキビ痕を治療するのも時間がかかってしまいます。 ニキビが出来てしまったら、爪を短く切り、手をこまめに洗うなどして清潔を保ち、紫外線にも注意しましょう。

 

正しいニキビ予防を続けていると、ニキビは再発しなくなります。 肌が健康になると肌の代謝がよくなり、ニキビ痕の多くは肌の再生機能によって自然に改善されていきますが、クレーターやケロイドのような状態になってしまったニキビ痕を完全にきれいにするのは時間がかかりますので、根気よくスキンケアを続けることが大切です。